引き寄せ手帳術、手帳セミナー、イメージコンサルタント、骨格診断、パーソナルカラー診断、東京都渋谷区恵比寿

『未来オーダーメイド手帳術セミナー』受付中!

「禍転じて福と為す」そう「禍」はプレゼント!

岡山理恵
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
岡山理恵
「外見力(骨格診断、パーソナルカラー診断)」と「手帳」で人生を変えたい人を応援しています。(東京都渋谷区)
詳しいプロフィールはこちら

左脳的イメージアップコンサルタントの岡山理恵です。

「禍(わざわい)転じて福と為す」

と言いますが、この意味は

身にふりかかった災難を、うまいこと活用して、そのまま自分に役立つものとして利用するさま。
あるいは、厄介ごとが一転して幸福の種に転じるさま。

となります。

そう。かなり能動的な意味なのです。

「トラブルが起きた」→「何でこんな目に」→「大人しく過ぎ去るのを待とう」

ではなくて

「トラブルが起きた」→「クヨクヨしても仕方ない、さあ、どうやって乗り切るか」→「いや、せっかくなら、バネにしちゃおう」

というイメージ。

私自身は、何かトラブル、嫌なことが起きた時は
「きっとこの出来事には意味がある。」
と、一旦受け止めることにしています。

(タイムマシンでもなければ、起きてしまったことはなくならないので「何で、こんな目に〜」とくよくよする時間が無駄と思ってるので)

そして、ネガティブパワーに巻き込まれないようにしながら(いろいろとワザがあるのですが、それは別の機会に)、もっと先の自分の希望に意識を集中させておいて

「さあ、どうやって、乗り越えようか」

と考えます。

そう。だから、「希望・夢・目標」はとても大切。

遠い先に「夢」の実現があれば、目の前のトラブルは、「途中のちょっとした出来事」でしかないのです。

でも、「夢」がないと自分の行く手にはその「トラブル」しかないので、「もう一生終わった・・・」くらいの錯覚に陥ってしまいますw

過去の経験的にも
「いや〜参ったな」という出来事のときに、それを受け止めておいて、なんとか乗り越えることに一生懸命になっているうちに、気づいたら「夢」に近づいてた。
ということが多いです。

例えば、8年前の「リストラ」の時もそうです。

あの時に、リーマンショックが起きていなくて、リストラが無かったら・・・

多分私は今でもその会社にいて、夢(新規上場の仕事をする、IR担当になる)を叶えていなかったでしょう。

当時は「35歳も過ぎて、これといった実績もなく、この先どうなるんだ」と思ったこともあります。

でも、結果的には、あの時リストラしてもらって良かったわけです。

あの時に、ひねくれて、投げやりになって、
「もう、採用してくれるなら、どこでもいいや」
となっていたら、やっぱり夢は叶っていませんでした。

「来月、もう家賃も払えなくなるかも・・・実家に帰るしかないか・・・」というギリギリの状態まで踏ん張ったから、やっと出逢えた再就職先でした。

なので「禍(トラブル)」が来たら、「その向こう側には夢の実現がある!」って信じて、まずは一旦受け止めてみるといいかもしれません

この記事を書いている人 - WRITER -
岡山理恵
「外見力(骨格診断、パーソナルカラー診断)」と「手帳」で人生を変えたい人を応援しています。(東京都渋谷区)
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 外見力と手帳で夢を引き寄せる! , 2017 All Rights Reserved.