「外見力」と「夢を叶える手帳術(フランクリンプランナー愛用)」で人生を変えるブログ

『未来オーダーメイド手帳術セミナー』受付中!

ポジティブな人は気持ちの●●上手

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「外見力(骨格診断、パーソナルカラー診断)」と「手帳」で人生を変えたい人を応援しています。(東京都渋谷区)
詳しいプロフィールはこちら

「私、ネガティブ思考なんです。すぐ、ネガティブに捉えちゃって落ち込むんです・・・」というお話をよく聞きます。

で、よくよく伺うと
「ポジティブ思考の人は、ネガティブに捉えないんですよね?」
「ネガティブに捉えちゃったら、ダメなんですよね?」

とおもっていらっしゃいます。

それは、ちょっと違います。
昨日の記事も、もしかしたら誤解を与えてしまっているかもしれません・・・)

人生、生きていればいろいろなことがあるので、いくらポジティブ思考の人でも、イライラすることも、落ち込むこともあります。
(「一瞬たりとも、まったくネガティブに考えることがない」っていう大人はなかなか少ないのではないでしょうか・・・)

では、ポジティブな人はネガティブな人と何が違うかというと・・・・

「ネガティブな気持ちを放置しない」ということだと思います。

人間の感情として、やっぱり(一瞬は)ネガティブな思考になることもあります。

でも、その瞬間を客観的にとらえて
「あ。いまネガティブに考えているな」と思ったら、出来るだけ早めになるべくポジティブな考え方に切り替えます。

たとえば、私は先日、スマホを線路に落として画面を割りました。

人によっては
「私、そんなことが起きたら、立ち直れなくて何日も凹みます・・・」
という方もいらっしゃいました。

ネガティブな方は、その気持ちをそのまま堪能(?)してしまいます。

でも、ポジティブな方は(一瞬は凹んでも)能動的に気持ちを切り替えます。

でも、私の場合は、画面が割れた!!と気づいた瞬間は
「あ~あ」
と思ってしまっても、すぐに
「あ、でも、大破じゃなくてよかった。修理に出すまでもないし。革のカバーに入れてて良かった!」
と、(半ば強制的に)思いなおしました。

だって、泣いてもわめいても、割れた画面は治らないわけです。(過去は変わらない)
だったら、その「過去」を捉えなおして、少しでも「良かった」と思う方に気持ちを切り替えた方が精神衛生上良いのです。

ポジティブな人は「ネガティブに(一瞬たりとも)考えない」のではなく、「ネガティブになったとしても、気持ちの切り替え上手」なのです。

だから、ネガティブに考えたときに
「あ~私ったら、またネガティブに考えちゃった・・・」とまたそこで落ち込むのではなく、「あ、いまネガティブに考えてるね」と淡々と観察して、「さてと、この出来事をどうとらえなおせば良い経験に捉えなおせるかな?」と考えればいいのです。

「過去と他人は変わらない。変えられるのは未来と自分だけ」
と言います。

過去は変えられませんが「過去の捉え方」はいつでも修正(上書き)可能です。

昔の辛い経験も「今思えば、良い経験だったな」と(無理やりにでも)思いなおして、上書きして次に進むのがうまい人が「ポジティブ思考」なのかな。と思います。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「外見力(骨格診断、パーソナルカラー診断)」と「手帳」で人生を変えたい人を応援しています。(東京都渋谷区)
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 手帳で人生を変えるためのブログ , 2018 All Rights Reserved.