引き寄せ手帳術、手帳セミナー、イメージコンサルタント、骨格診断、パーソナルカラー診断、東京都渋谷区恵比寿

『未来オーダーメイド手帳術セミナー』受付中!

不安な気持ちの解消法はコレしかない~やりたいことをやりつくす人生にしたかったら~

岡山理恵
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
岡山理恵
「外見力(骨格診断、パーソナルカラー診断)」と「手帳」で人生を変えたい人を応援しています。(東京都渋谷区)
詳しいプロフィールはこちら

不安な気持ちの解消法はコレしかない~やりたいことをやりつくす人生にしたかったら~

2018年もあと1日とちょっとです。

2018年もあと少しとなりました。

1年前の今頃にやりたいなあと思ったことはできましたか?

今日も、去年と同じようなことをやりたいなあと考えていますか?

そして、来年の今頃もまた同じことを考え続けていたいですか?

たとえ実現できなくても「やりたいなあ」と考え続けてること自体が趣味な方は、時間の無駄なのでこの先読まなくても良いです(笑)

でも

「いやいや、人生一度きりなんだから『やりたいなあ』と思い続けてやり残す人生はいや!!」
と決心している方だけ読み進めてください。

 

人生は突然終わっちゃうかも

突然ですが・・・

私は大学生時代からこの二十数年で、同世代の友人、先輩、後輩を既に何人も亡くしています。

どの方も

「え?!この前会ったときは元気だったのに?!」

という亡くなり方です。

1人はダイビング中に目の前で亡くなりました。
(ダイビング中に別グループの死亡事故に遭遇したことも何度かあります)

海に入る前までは笑ってたのに、次に会ったときはもう生命が尽きていました。

だから、

人生って突然終わる

という感覚が通常以上に強いと思います。

だから、私が「とにかく行動!」と言っているのはそういう気持ちから来ているからかもしれません。

今、元気だからといって、明日目覚めるとは限らないのです。

「いつか、やろう」

と思っているうちに人生が終わってしまう可能性は決してゼロではありません。

だから、とりあえず動く!行動!

だからといって「どうせ死んじゃうんだから何もしたくない」という悲観論者というわけではありません。

(そんなこと言ったら志半ばで先に逝ってしまった方々に失礼だと思っています)

どちらかというと「いつか、あの世で彼らに会ったときに土産話をたくさん持っていこう!」という感覚です。

そして「なんだ、長生きしてたのに大したことしてないじゃん」とつっこまれたくないなと(笑)

だから、とりあえず動く。やってみます。

「やらずに終わって後悔するよりも、やってみて失敗してもいい!」

という気持ちで過ごしています。

失敗したらしたで、あの世でネタになるかもしれないし(笑)

そして、やってみて失敗したら「あ、この方法はダメなんだな。」ということが分かるということ。

だったら別の方法を試せばいいだけです。

やらないでいたら、それすらも分からないまま何も変わらず、時間が経てばたつほど不安感は育つ一方です。

やってみて失敗するのと、やらずに終わるのは雲泥の差です。

準備の時間って必要ですか?

だから、

「準備してから動きます」

というのは時間の無駄だと思っています。
(「不安感育成タイム」です(笑))

準備している間にも、刻一刻と人生の残り時間は減っていくだけ。

準備だけで一生終わってしまうかも(苦笑)

そう。

「いつか、やります」

「いつか、行きます」

の「いつか」は一生やってきません。

その間に得るものと言えば

「より一層大きくなった不安感」

「ああ、また出来なかったなという挫折感」

だけです。
(「いつかやります期間=不安感育成期間」です(笑))

本当にやりたかったら、

「●月●日までにやります」

「●月●日までに行きます」

でしか、叶いません。
(ただし、「どうやって叶えれば良いか検討もつかない規模の夢」は、日付をかかずに単にワクワクだけしておいた方がよいです。自分が決めて行動さえすれば出来るレベルの夢は日付を書きましょう。この辺りは別途語ります。)

そんなこと言っても、いきなり行動できません!

そうですよね。

例えば「起業」。

いきなり今日退職願いを出すというのは当然不安です。

その場合、おススメなのは「準備と本番の割合を徐々に変えていくこと」

起業(本番)に向けて「会社員の間に、週末だけ『おためし起業=準備(副業禁止なら無給でやってみる)』」するんです。

そして、その『お試し期間』の間に、自分に合ったやり方を探っていき、いけそうだなと思ってから起業。というイメージです。

準備と本番を並行して、try & errorを繰り返していって、徐々に本番の割合を増やしていくのがオススメです。

(だから、今、会社員で起業をしようと思うなら、今日から何かしらの情報発信をしましょう。匿名でもいいし、趣味の話でも何でも良いです。「資格をとって準備してから情報発信」では、遅すぎます)

「●●が出来てから▲▲をやります」

は、実は

「▲▲をやらなくても良い言い訳を言っているだけ」だったりします。

「不安」な気持ちを消せるのはコレだけ

人間というのは、準備している間には「不安」な気持ちしか湧いてきません。

だから

「起業したいと思うんですが、考えていると出来るかどうか不安になってきて」

というご相談をよく受けます。(起業以外でも、転職、副業など新しいことへのチャレンジ全て)

それって生物の防衛本能として、当たり前なんです。

なぜなら、太古の昔から、無鉄砲に飛び出していったご先祖様は動物に襲われたりして死んでしまっているので、今生きている私たちは慎重に行動して生き残ってくださったご先祖様の子孫であり、そのDNAが刷り込まれているから。

でも、現代日本に住んでいる私たちは、よっぽどの無茶をしないかぎり猛獣に襲われる心配はないはずです(笑)

だから、そこまで慎重であることは弊害になりかねません。

そこで、「新しいことにチャレンジすることの不安」を消すための方法をお伝えします。

チャレンジすることに対しての不安感を消す方法はただ一つ。

「新しいチャレンジの行動をすること」

です。

前章でお伝えした通り、いきなりフルパワーでチャレンジする必要はありません。(それは、単なる無謀)

失敗しても、大ケガしない範囲(全財産失うとかでない範囲)で、Try & Errorを繰り返すんです。

Try & Errorを繰り返して、良い方法を探してる間は不安になる気持ちの余裕がありません。

そう。

不安な時というのは暇な時なんです。(笑)

「(新しいチャレンジが)自分に合うかどうか検討している」のは暇つぶしです(笑)

今すぐ行動しないでも良いことにしたいための言い訳。

行動しないで、考え事をしてるから、「うまくいくかな・・・」とか考えだし始めちゃう。

上手くいくための方法を「実行」しているうちは忙しくて不安に思う気持ちの余裕がないはずなんです。

「やれるかどうか、不安」と考えているその時間に、「やれるようになるための努力」をした方が意味があります。

そして、その努力を重ねている間に、徐々にやれるようになっていって「あ、何とかなるかな」と思うようになれます。

チャレンジすることに対しての不安感を消す方法はただ一つ。

「やりたいことがあるなら、今すぐそれをすること」です。

まとめ

  • 人生は簡単に終わってしまうもの
  • だから、やりたいことは、今すぐやる
  • やってみて失敗しても、やらなくて後悔することの何倍も意味がある
  • いきなり本番をやろうとしないで、準備を少しずつやってみる
  • 準備の間も失敗前提。試行錯誤を繰り返せばよい
  • 「不安」なのは、暇な証拠。そして何も解決しない。
  • 「不安」を解消できるのは「行動」することだけ

「いつか、お金が溜まったらやりたい」なら、お金をすぐ作りましょう
(メルカリやヤフオクに出品する、買取してくれるお店に持ち込むなど、方法はいくらでもあります。ついでに家もスッキリします(笑))

「いつか、行ってみたいお店」があるなら、行く日を決めましょう。

「いつか、参加したいイベント」があるなら、今から申し込みましょう。

「いつか、会いたい人」がいるなら、今日アポをとってみましょう。

「いつか」は一生やってきません。

叶えたいなら「今日」行動しましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
岡山理恵
「外見力(骨格診断、パーソナルカラー診断)」と「手帳」で人生を変えたい人を応援しています。(東京都渋谷区)
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 外見力と手帳で人生を変える , 2018 All Rights Reserved.